学生のキャッシング・カードローン利用者は多いです。
学生でも安定した収入さえあれば、借入しやすいところが借りやすいポイントなのかもしれません。

カードローンは、設定された上限額までなら、好きなときに好きなだけ引き出すことができるという便利なものです。
銀行でも積極的に発行しているので、使っていないけど持っているという人も多いですよね。

しかし、カードローンといえどお金を借りるということなので、
申込みのときには勿論審査があります。
このとき、まず見られるのは安定した収入があるかどうかということです。

収入が無ければ返済することはできませんからね。
正社員でなくても、パートやアルバイトでも大丈夫です。
また、収入のない専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば大丈夫です。

では、アルバイトをしている未成年はどうでしょうか。

未成年の場合は、安定収入があっても断られる場合が多いでしょう。
カードローンの申込みというのは、金銭貸借契約を結ぶことになります。
未成年の場合、法律により、契約はいつでも破棄できるということになっているのです。
ですから、借りたお金をずっと返さなくても、契約を破棄してしまえば金利を払う必要はなく、元金だけ返せばいいということになります。
そんなことをされると金融会社も商売にならないので、最初から契約を結ばないのです。
ただし、結婚している未成年は成年と同等にみなされるので、この限りではありません。